民工芸品ほかの紹介

いつまでも皆さんに愛される丹波焼をと、日々作陶に励んでおります。

丹波 立杭焼

登り窯による焼成は約60時間続き、最高温度は1300度に達しますが、その結果燃料である松薪の灰が器の上に降りかかり、釉薬と溶け合って窯変し、灰被り(はいかぶり)と呼ばれる魅力的な色や模様が一品づつ異なって現われるのが丹波焼の大きな特徴で、このため実用だけでなく、観賞用としても愛陶家に広く知れ渡り、しかも作品の焼肌に馴れ親しむほど、さらに色合いや模様が変化し趣を変えるのが、丹波焼の真骨頂といえます。この商品は登り窯による焼締の花器です。

商品コード:0824000001000

丹波 立杭焼

normal

国指定伝統的工芸品について

我が国には、長い歴史と地域の風土に培われ、洗練された工芸品が数多くあり、人々の生活の中で愛用されています。その中から、条件を満たした作品を経済産業大臣が指定し、指定を受けた伝統的工芸品に「伝統マーク」を貼ることが許されています。

ご購入情報

直接店舗で購入する

神戸三宮・ケイエスビル(そごう新館)5F
「ひょうごふるさと館」にて直接ご購入いただけます。

ひょうごふるさと館

ケイエスビル(そごう新館)5F
神戸市中央区御幸通
8丁目1-26

TEL:078-252-0686

店舗情報はコチラ

その他取扱商品

出展者情報

出展名 丹波立杭陶磁器協同組合
所在地 篠山市今田町上立杭