ふるさとひょうご 地域特産まるわかりマップ

伝統の技と食の魅力が光る城下町

播磨西部、日本で最初に世界遺産に登録された国宝・姫路城を擁する姫路市を筆頭に、宿場町や城下町が多く存在します。歴史ある町には独自の文化が育まれることが多く、明珍火箸や独楽、張子など、県内伝統工芸品の1/3近くはこの地域に集中しています。

また、食文化の伝統も豊富で、古く弥生時代からの歴史を持ち、江戸時代に全国にその名を轟かせた赤穂の塩や、その塩を主原料とした龍野醤油、藩主からの手厚い保護により発展した手延べ素麺、姫路の献上菓子など、今も地域を代表する産業として受け継がれています。

播磨(西部)の特産品一覧

播磨(西部)の特産品一覧の中から、選択したカテゴリーのみを表示できます。

こちらのカテゴリーに該当する商品はありません。